スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茨城*香取神宮1

2014年12月03日 11:35

yy2581.jpg 

10/11  香取神宮へ

香取神宮に行ってきました。

AM8:30に到着 早い...。とても...。
なので参拝者も少なくて静寂な中お参りを、

と思ったら御本殿前に地元の中学生&教師&保護者の方々で
いっぱいになっていました。
どうやらマラソン大会があったようです。

みなさんの居る前でお参りする事になっちゃいましたょ^。^*






yy2580.jpg 

車をご本殿の側に停めて参道を通らずに参拝したので
参道を御本殿側から歩いてみました。

しばらくすると右手に鳥居がありました。
そこは護國神社(ごこくじんじゃ)その先には要石があります。


護國神社
昭和二十一年九月創建されました。
明治以降の国難に殉じた香取郡出身の御霊を御祭神としています。
春・秋、二度の例祭が行われています。HPより






yy2582.jpg 

木々に囲まれて誰もいない静かな空間。
空気も澄んでいて凄く良かったぁ。
お気に入りの場所になりました。






yy2601.jpg 

COCOゆずは抱っこでした^^*






yy2583.jpg 

進んでいくと『要石』があります。
香取神宮で最も強いパワースポットとされる場所です。


パワーが強すぎて体調を崩すこともあるとか
これを『気あたり』というそうです。

私たちは・・・どうだったかな・・・

手帳を確認してみたら
1週間後、ワタシ右の肋骨の下の辺りと背中に痛みを感じ病院へ
MRI、翌日にはCT、胃の検査をしました。

3mm程の胆石がありました...。炎症もありました。


これって『気あたり』と関係あるかしら・・・







要 石(かなめいし)
古くより、この地方は大変地震が多く、人々はとても恐がっていました。
これは、地中に大きなナマズが住み着いて荒れ騒いでいるのだと。
香取・鹿島両神宮の大神様等は、地中に深く石棒を差し込み、
大ナマズの頭尾を刺し通されたといいます。当神宮は凸形、鹿島は凹形で、
地上に一部を現し、深さ幾十尺と伝えられています。
貞享元年(一六八四)水戸光圀公が当神宮参拝の折、
これを掘らせましたが根元を見ることが出来なかったといわれています。HPより




*余談*
胃の検査ですが、鼻からカメラを入れての検査でした。
鼻からは初めてでした。

口よりも楽に出来ると思っていたのですが、とんでもなかった。
もの凄く痛くて苦しかった。泣きました。
しかも鼻血が1時間も止まりませんでした。
どうやら狭かったようなのです。
中断することもなく『鼻血が凄いね鼻血が凄い』と言うだけで
ヒョウヒョウと続行する先生。

先生『胃はキレイですね』

鼻血を止めながら診断結果を聞いていてなんかねとても悲しかった。
胃の検査は二度と鼻からはしない!
そう思いました。





この後はドッグランのある『ポティロンの森』へ向かいました。






☆ご訪問ありがとうございました☆

      

いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ 
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。